旅行 伊勢志摩編 2日目

2日目は1日中海で過ごす予定だったが、予想外の強い日差しと久しぶりの海水浴ということで年甲斐もなく体力が底を尽きそうになったため、まだ日が高いうちに切り上げ、志摩の南に位置する大王崎灯台へと向かった。

 

週間予報では旅行中、天気はあまり良くないとのことだったが、幸いなことに2日目も晴天に恵まれる。

ただ、本当に日差しが強くて汗がとまらない程暑く、一度車に乗ってしまうと外にでるのが億劫になってしまう程である…。なので、出来るだけ涼しそうなところを目的地としていた。

そしてこの大王崎灯台は大正解だった。

まず人がほとんどいない。現地の土産物屋にとっては芳しくないことかもしれないが、おかげ横町などの人がごった返しているところを炎天下の中歩いた身としては、同じ炎天下でも人がいないだけでこんなにも涼しいものかと驚かされる。

 

灯台の上、展望デッキの影の部分は、海からの冷たい潮風の影響だろう、まるでクーラーの風にさらされているかのように心地良かった。

またこの大王崎とういう土地は「絵描きの町」と呼ばれているらしく、町の公園や港など所々で絵を書く人の姿が見ることが出来る。

上の写真はおそらく油絵の具で書いているのだろうが、絵の完成度は…。……。

その後は更に車を走らせ英虞湾(あごわん)が一望できる「ともやま公園」の展望台へと向かう。

少し時間が早かったため夕焼けは見ることが出来なかったが、ギザギザとした特徴的なリアス式海岸はなかなか見ごたえがあった。

今度来るときはもう少し太陽が傾いた時間に来て、夕焼けを撮影したいと思う。

 

久しぶりの旅行も明日で最終日。

このまま良い天気が続いて欲しいものである。

 

>>3日目へと続く

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    misa (日曜日, 02 9月 2012 18:30)

    海水浴、台風の影響あって波めっちゃ高かったな!!ボディボードぐらいなら使いこなせたかなぁ♪ ミサ大王崎の灯台すごい気に入った~(o^-^o) 伊勢は眺めがよくって気持ちいい場所が多かったね☆