方丈石庭 竜安寺

枯山水である方丈石庭で有名な竜安寺。

その石庭にある石の総数は15個。

どの位置から石庭を見ても、必ず1個は他の石に隠れてしまうため

実際には14個しか見えないという。

 

ただ1箇所「方丈の間」の中心からは15個全ての石が見渡せる配置になっている

とのことだ。

 

また、この石庭、あまり広くないため、写真でいうと奥側に進むにつれて

塀の高さが低くなっており、強制的な遠近法により実際よりも広く感じさせる

構造になっている。

石庭の反対側には日本最古の椿"侘助椿"があった。

一見どこにでもある椿に見える。実際にただ古いだけで他の椿となんら変わらないの

だろうが、"竜安寺にある"というだけで、なるほど確かに日本古来の"侘び"を感じさせる

風格がある。

ちなみに竜安寺に来るのは人生で初めてである。

第一印象としてはとにかく緑が多い。

 

もちろん自宅の周りは自然に囲まれているので、緑そのものは珍しくないが。

きちんと手入れされた様は、"自然"にある自然であはなかなか味わえない感動がある。

京都に来たならば是非とも寄ってみるべき場所である。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    misa (日曜日, 24 6月 2012 16:18)

    苔もいい感じ♪こういうところって落ち着くし大好き(^^)京都のお寺も結構行ったことないところばっかりだし色々行ってみたいな~。拝観料は高いけどその価値ある!

  • #2

    Shin (日曜日, 24 6月 2012 16:48)

    >>misa
    ここは500円やったわ。
    石庭以外はただで見放題!